FC2ブログ
ときどき書くこと
ときどき書く日々の日記です。(旧 だらしな日記)
プロフィール

haytatu

Author:haytatu
こんにちは haytatu です。
なにかと作ることが好きなようです。
ウインドウズのソフトや、Flashやら、粘土細工やら...
どれをとってもヘボヘボなんですけどね。
HP「うさぎ通信」のほうもよろしく。

リンク

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
かいじゅう発見
昨日、京都ショーで家内がこんなものを買ってきてくれました。
IMG_9849.jpg
ブラックライトです。

これは、短波専用のブラックライトで、100均などで手に入る長波のものとは違います。
紫外線なので、肉眼で光は見えませんが、特定の鉱物に照射するときれいに光ります。

先日、クリスタルポケットの管理人様の案内で中部地方にある通称KBSと呼ばれる産地に行ってまいりました。
ここの坑道内で採集できる灰重石(かいじゅうせき)が短波紫外線に見事に反応します。
当時、このブラックライトを持っていなかったので、まったく判別ができず、とにかく怪しそうな石ころを一抱え程持ち帰りました。
早速今日、怪しそうな石ころに照射してみたところ、見事に光る石が見つかりました。
方解石かと思って採集していたものの中にもあり、驚きです。
IMG_9830.jpg IMG_9831.jpg

IMG_9832.jpg IMG_9833.jpg
1cmくらいの透明感がある いい感じの結晶でした。非常にうれしい。

ちなみに、方解石は鈍く赤に光ります。
こちらは、短波ではなく長波でも光るようです。
IMG_9859.jpg IMG_9861.jpg

ついでに、何年か前に近畿地方の鉱山で採集した「灰重石」が含まれるだろうと思われる石を照らしてみました。
DSC_0192.jpg DSC_0193.jpg
おお、光るではないですか!
目に見える結晶こそありませんが、一面「灰重石」です。

DSC_0195.jpg DSC_0194.jpg
なんと、水晶に内包された灰重石も見つかりました。

石ころがお宝に変わった瞬間です。
道具を一つ手に入れることで、いままで見えなかった「かいじゅう」が現れ、一挙に経験値が上がった気分ですね。

そのほかKBSで採集した石たちです。

緑水晶
IMG_9838.jpg IMG_9836.jpg

IMG_9834.jpg IMG_9837.jpg

ベスブ石
IMG_9843.jpg IMG_9848.jpg

KBSに行ったら、この石は欲しいなと思っていた、灰重石、ベスブ石どちらも採れて大満足の旅となりました。
クリスタルポケットさんはじめ、採集にご一緒いただいた皆様、ありがとうございました。
スポンサーサイト
▲TOP
名古屋ミネラルショー
今年も行ってまいりました。
毎年、夏の終わりに行われる名古屋のミネラルショーです。
個人で出店されているブースが多く、掘り出し物の期待が高いミネラルショーですね。

お店を見て回りながら、たくさんの石友さんとご挨拶しながら、ちょこちょこと石を物色していました。
今年一番のヒットは、北朝鮮の月長石の結晶です。
国産の月長石と比べても立派で、透明感は薄いものの、非常に貴重です。
光の当たり方で、ギラっと一面が青く光ります。

IMG_9823.jpg IMG_9825.jpg

結晶の形がよく出てるのを選んで購入しました。
▲TOP
お盆に石ひろい
お盆に石拾いに行きました。
中部地方のとても有名な鉱物産地。
日本の鉱物採集者の聖地といっても過言ではないところです。
お宿は、これまた鉱物採集者の集まる宿。
動物もたくさん集まります。

DSC_0654.jpg DSC_0637.jpg DSC_0636.jpg DSC_0635.jpg DSC_0634.jpg

鉱物にあふれていて、同好の士が集うので自然とみんな仲良しになります。
一度泊まると忘れられない素敵な宿でした。

DSC_0632.jpg

聖地だけあって、険しいけれど素晴らしい産地がたくさんあります。

DSC_0679.jpg

天気の都合もあり、予定していた産地は回れませんでした。
険しい山も登りましたが、結局一番のお気に入りは、本格的な産地ではなく、近くにある「朝飯前」と鉱物仲間が呼ぶお手軽産地で採集した水晶です。
小さいですが、角閃石入りの「草入り水晶」と呼ばれるとても味わいのある水晶です。
拾ったときは、泥の塊のようですが、シュウ酸できれいになりました。

IMG_9816.jpg IMG_9815.jpg IMG_9819.jpg IMG_9817.jpg

当初の予定とはちがった成果でしたが、これはこれで楽しい鉱物採集です。











▲TOP
京都北部の鉱山再訪
以前よく行っていた京都北部の鉱山跡を数年ぶりに訪れてみました。
山に向かう道の途中で、「山林の作業をしています」という看板を数か所に見かけます。
山道も以前は路肩が崩れていたような場所も補修されて通りやすくなっていました。
車を降りて沢を1時間くらい上がったところに露頭があるのですが、なんと網が張り巡らせてあって入ることができません。
DSC_1161.jpg
おそらく植林中の木を守るために獣除けをしているものと思われますが、大きな誤算でした。
仕方なく、斜面のズリでの採集となりました。
それと登ってくる山道の途中に以前から気になっていた石英脈があるのですが、ここも少し叩いてみました。

下の石英脈から剥がしたクラスタ
IMG_9492.jpg
かなりガサイですが、味があります。

IMG_9483.jpg
これは小さいですが、透明度が高い頭も採れました。

IMG_9490.jpg
上のずりから出たもの、ここの水晶で一番多い白い水晶です。

IMG_9484.jpg
たまに出てくる透明感のある水晶も魅力的です。

IMG_9500.jpg IMG_9497.jpg
透明な両錐形もありました。

IMG_9485.jpg 
水晶以外では、なかなか立派な鉄重石(?)も取れました。

IMG_9503.jpg
こちらは小さいですが、いい感じです。

IMG_9476.jpg
こちらの水晶に層をなしてサンドされているのも鉄重石でしょうか?
ストライプでおしゃれな感じです。

露頭に到達できなくて残念ですが、ズリでも遊べるいいところですね。















▲TOP
東海地方再び
夏に東海地方に採集に行きましたが、あまりにもの暑さのためすぐにへばってしまったことと、どうしても気になるものがあったので、この秋の連休を利用してリベンジに出かけました。

気になったものというのは、前回の最後の「魚眼石?」として書いた石です。
この石は、地上3mくらいに見えている50cmはあろうかと思われる大きなガマから削り取ったものなのです。
波に浸食されてぽっかりと開いたガマからはこんなものが見えています。

DSC_0951.jpg

ギラギラと輝く結晶なのです。

前回のカケラは、竹の棒の先にタガネを縛り付けて何とか落としたもので、これが限界でした。
何とかならないかと思案しながら帰途に着き、あくる日にはいつか来るであろうこのときのために脚立を購入していたのでした。

3ヵ月後ついにその脚立が日の目をみて、今回の採集となりました。
脚立があれば楽に届く高さだったので、何とか採集はできました。ガマの奥のため、粉々にはなりましたが、見栄えのする標本も取れてよかったです。

IMG_9426.jpg

透明度も高く、ギラギラとした光沢は魚眼石で間違いないのではと思います。

IMG_9436.jpg IMG_9431.jpg
IMG_9428.jpg

それともうひとつ目標がありました。
犬牙状方解石です。
こちらは小さいですが、透明感があり気に入っているものです。

IMG_9422.jpg IMG_9420.jpg

大き目の輝沸石の結晶も採集できました。

DSC_1126.jpg DSC_1125.jpg

おそらく、先日の台風の影響だと思うのですが、大きな岩が落ちてきていて、崖をたたくより安全に採集ができました。








▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。