ときどき書くこと
ときどき書く日々の日記です。(旧 だらしな日記)
プロフィール

haytatu

Author:haytatu
こんにちは haytatu です。
なにかと作ることが好きなようです。
ウインドウズのソフトや、Flashやら、粘土細工やら...
どれをとってもヘボヘボなんですけどね。
HP「うさぎ通信」のほうもよろしく。

リンク

カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ゴールドラッシュ!?
今日は車で30分ほどのところにある自然公園で川遊びをしました。
小2と小4は大喜びで川の中に入るのですが、中1の長女は、木陰で読書タイム。うーんさすがに中学生ともなると、覚めてしまうものです。去年までは水着でおおはしゃぎしていたことを思うとすこし寂しい気分です。まあ、自然のマイナスイオンいっぱいの中でゆっくり時間を過ごすというのも悪くないでしょう。
長女をおいて、その他4名は川でサワガニ採りに興じていました。カニも大漁で大満足で帰ろうとしたころ、ある石を見つけました。
下の石です。
189_8935.jpg

おそらく花崗岩。一部が金色に輝いています。
黒い斑点のある花崗岩は良く見るのですが、このように金色の斑点があるのは初めてでした。
そこで、我が家は、しばらくゴールドラッシュ状態!
よく見るとあちこちに同じような金の輝きをもつ石が見つかりました。大喜びでカニと石を持ち帰り、家で調べてみたところ。「金雲母」であることが判明。花崗岩に含まれている雲母の部分。
鉄分が多いと「黒雲母」 鉄分が少ないと「金雲母」となるようです。
ちょっとがっかりですが、本当の金のように綺麗な輝きのこの石はまた、お気に入りの1つとして、コレクションされることになりました。とさ^_^;
スポンサーサイト
▲TOP
ケサランパサランの正体
また、ケサランパサラン。
どうも、調べていくとガガイモの綿毛であるというのが有力ですね。
種を運んだ後の綿毛部分です。
当然生き物ではないので、自分で動いたりしません。
でも、僕は目の前で閉じていたのが開いたり、時間をかけてゆっくりと繊毛が動くのをみています。これの説明としては、湿度の変化というのが当てはまりそう。
そこで、また実験しました。
ケサランパサランの中心部分を少し濡らします。
案の定、繊毛は束まって、僕が前見たような、羽根突きの羽のような形になりました。
そこから、丸い形に復活するまでの様子を、例のごとく連続写真で撮りました。
例によって完全密封の状態で、風は一切入りません。
今回は3分おき、で 90分ばかし...

kesapasa.jpg


下のSWFをクリックすると動画がみれます。
kesapasa-2.swf

↓鮮明バージョン 1.5M(重!
kesapasa.gif

どうでしょう!
予想通り、手前のケサラン君はゆっくり元に戻ります。
しかし、しかし、ついでに入れていた 後ろのケサラン君が 予想外の動きをしています。
突然右側に転がり始めているのが分かるでしょうか?
これは、湿度の変化で繊毛が動いているだけには見えない(@_@)
まるで意志をもって動いているような...なんとも不思議なケサラン君たち!
▲TOP
ケサランパサラン
今日は会社の裏の階段でケサランパサランを捕獲しました♪
僕がケサランパサランの存在を知ったのは中学生の頃、テレビか何かでやっているのを観て知りました。当時中学生だった僕もさすがにこれが未知の生命体であるとか、オシロイを食べるとか、は信じられませんでした。しかし、これを大事に箪笥の隅などにしまっておくと、幸せになれる。なんて迷信もあるようで、いつか、本物を見てみたいと思っていました。
実際発見したのは二日前、階段にいたのですがそのときはとりあえずその辺にあったダンボール箱の中に落としておき、あくる日観てみると何処にもいませんでした。そして不思議なことに今日になってまた階段に現れました。大事に捕獲して、2時間後くらい、もう一匹現れました。しかし、2匹目は羽突きの羽のようなひしゃげた形をしていたのですがとりあえず捕獲して、一匹目と一緒に透明のプラスチックをかぶせて置いておきました。いや驚きました。1時間ほどで、形が完全に丸く戻っているのです。 ケサランパサランは生きているようです。がぜん興味を持った僕はこれを持ち帰り、完全に密閉された容器にいれ、5分間隔で1時間写真をとりました。
念のためケースに入れてから1時間後撮影を始めました。それが下のGIF画像です。微妙に動いているように思うのですが、どうでしょう?
newimage1.gif

生きているのかも知れないと思うと愛着さえ湧いてきます。トトロにでてくる、「真っ黒くろスケ」のような....
夢があるのでとりあえず、迷信を信じて、箪笥の中にしまっておこうかな? しかし、オシロイって何処で売ってるの?(>_<)

▲TOP
腰痛と水泳
日曜日に小2の息子とサッカー遊びをやったら、腰をゆわしたようです。 歩けないほどではなく、立ったり座ったりがちょっとしにくい程度。なんか、最近こんなのばっかり(T_T)
腰痛には、水泳がいいとどこかで聞いたことがあるので、仕事の後市民プールに行きました。
ビート板につかまって、ぷかぷか浮いてるだけのつもりが、じっとしてると邪魔になるし、やっぱり泳いでしまいます。
泳ぐと痛いんですが、これが、なぜか心地よい痛み、背骨が重力から開放されて、あるべき位置に戻ろうとしているような心地よさを感じました。 1時間ばかり泳ぎましたが、痛みはひどくなることはなく、前より良くなったような気がします。
「アクア説」というのをご存知でしょうか? 人類が猿人から進化する過程の一時期水中生活をしていたという説です。突拍子もない説ですが、直立歩行が可能になった要因であるとか、体毛がないのもそのせいだとか、意外とそうかもしれないと思わせる理由づけがたくさんあるのです。 猿は水の中に入るのを嫌がりますが、人間はお金を出してまで、プールで泳ぎます。そこには遠い祖先が水の中で暮らしていた記憶が関係しているのかもしれません。
▲TOP