ときどき書くこと
ときどき書く日々の日記です。(旧 だらしな日記)
プロフィール

haytatu

Author:haytatu
こんにちは haytatu です。
なにかと作ることが好きなようです。
ウインドウズのソフトや、Flashやら、粘土細工やら...
どれをとってもヘボヘボなんですけどね。
HP「うさぎ通信」のほうもよろしく。

リンク

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

輝水鉛鉱ほか
大先生に京都北部の産地を2箇所案内していただきました。
まず、モリブデンの鉱山跡で、輝水鉛鉱のサンプルを探します。
ここの典型的な産状は、石英を挟み込むようについた歯茎のような輝水鉛鉱です。
ちょろちょろとついているのは沢山あるのですが、びっしりとついているのは少ないです。
IMG_7888.jpg

あと、石英が発達して水晶化した石をよく見ると、
水晶の隙間に輝水鉛鉱の六角形の結晶が見られるものも見つかりました。
IMG_7886.jpg


そのほか、滑石
IMG_7894.jpg


孔雀石も見つかりました。
IMG_7895.jpg


次の産地では、蛇紋岩を見つけました。

IMG_7909.jpg
素直なタイプ

IMG_7906.jpg
すこしひねくれたタイプ

IMG_7903.jpg
路頭から取れた細い石には透明感があります。

とても楽しいドライブ&採集となりました。
大先生、本当にいつもいつもありがとうございます。





スポンサーサイト
▲TOP
執念の日本式双晶
久しぶりに奈良県に採集に行ってきました。
今回はかなり歩き回ってくたくたです。
妻がどうしても自分で採集したいと切望していた日本式双晶。
「双晶双晶」と呪文のように唱えながら、いろいろ探しまわりましたが、
見つからないまま帰る時間が近づきます。
最後に行ったのが、去年、私が小さい双晶を見つけた場所です。
そこに行ってすぐ、小さいながらもとてもきれいな水晶が見つかりました。

IMG_7875.jpg IMG_7880.jpg IMG_7876.jpg
ガーネットとコラボしていてどの角度から見てもいい感じです。

その後は水晶やガーネットは見つかるものの細かいものばかり。
そろそろ切り上げようということになり時間を決めました。「4時25分まで」
そうして「4時25分」になるかならないかのその時。
妻が「見つけた!」
ついに念願の日本式双晶を見つけたようでした。
私も見てびっくり!
ここの水晶は小さなものばかりと思っていましたが、 
こんなサイズ見たことのないくらい大きな日本式双晶でした。
最後の最後にミラクルを出した妻は大喜び。

山を降りて、サイズを測ってみるとそれほど大きくありませんでしたが、
あの場所で産する水晶としては最大級の17mmでした。
念願がかなってめでたしめでたしの一日でした。

IMG_7870.jpg






▲TOP
2014名古屋ミネラルショー
先週、名古屋ミネラルショーに行ってまいりました。
名古屋に来るのは、「愛、地球博」以来です。
IMG_7815.jpg

ミネラルショーの会期は2日間です。初日の開場前から並びました。
IMG_7817.jpg

30分並んだおかげで、プレゼントの石もしっかりいただきました。
IMG_7865.jpg

入場すると真っ先に大先生のブースへ直行。
とても濃いセレクションのブースでした。
お久しぶりの大先生と挨拶かたがた「逸見石」を購入。
IMG_7853.jpg
喉から手が出るほど欲しかった希少鉱物。うれしいです。

改めて会場を見渡すと、よく行く京都ショーよりは狭いせいか、大変な人ごみになってました。
とてもゆったりとは見ていられない状況の中、ついつい沢山買ってしまいました。
IMG_7856.jpg 方解石
IMG_7858.jpg 魚眼石
IMG_7861.jpg 黄鉄鉱
IMG_7862.jpg トルマリン(頭つき)
IMG_7863.jpg まりも入り水晶
IMG_7867.jpg 天青石
IMG_7824.jpg 今回は沢山買いました。

その後は名古屋城へ行ったり、熱田神宮に参ったり、びっくりサイズのえびふりゃーを食べたり
名古屋を堪能して帰りました。
IMG_7735.jpg
▲TOP