ときどき書くこと
ときどき書く日々の日記です。(旧 だらしな日記)
プロフィール

haytatu

Author:haytatu
こんにちは haytatu です。
なにかと作ることが好きなようです。
ウインドウズのソフトや、Flashやら、粘土細工やら...
どれをとってもヘボヘボなんですけどね。
HP「うさぎ通信」のほうもよろしく。

リンク

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

竹田城
仕事がら、毎日スナップ写真をバシバシ撮るようになってから、写真という趣味から遠ざかってしまっている今日この頃です。
「こだわり」っていうものを持ち続けるのは難しいことですね。

一番写真に入れ込んでいた時期、是非撮りたいと思っていたのが、竹田城です。
「天空の城 竹田城」
昨日、なぜか思い立って撮りに行くこととなりました。
竹田城のベストショットポイントは、向かいの山の「立雲峡」。
夜明けとともに照らし出された竹田城と雲海です。

あまり深くリサーチはしなかったのですが、夜明け前からたくさんの人が場所取りをすると聞き、夜中から出発することにしました。
自分的には精一杯がんばって、夜中の3時30分に出発しました。
朝来手前の遠坂トンネルを抜けると一面「霧の世界」
ここでかなりテンションはあがります。
5時40分「立雲峡」到着。
と思いきや....
「駐車場はもういっぱいなのでここから下へ行って、信号曲がって200mくらいのところにある駐車場をご利用ください。」
早朝から車の整理ご苦労様です。
「200m」という言葉だけが耳に残って、すぐ近くだろうと思い込み、いけどもいけども駐車場が見つからず。
もう一回戻って、同じことを聞いて、やっとたどり着いたらずいぶん遠いところでした。
なんと、そこから本来の駐車場まで、ずっと登り坂を30分歩きます。
さらに、駐車場から、展望台まで山道を30分登ります。
そんなわけでぎりぎり間に合うかなと思っていた日の出の時間には間に合わず。
ふらふらになって山頂の展望台にたどり着きました。
それにしても、人の多さには驚きます。
そして、雲海はというと、ややしょぼい。
でも、ラッキーなことに、ご来光が城を照らすのは、山がある関係で7時くらいでした。
7時くらいに城がオレンジ色に照らされると、芸能人の記者会見のようにあちこちでバシャバシャとシャッター音が鳴り響きます。
そんな中でいくつか撮りましたが、足元の波打ち際にたたずむ竹田城という感じです。
IMG_8515.jpg IMG_8506.jpg IMG_8513.jpg

竹田城のあと、近くの産地に石拾いに行って帰ったことは、ご想像のとおりです。
一日に2つの山に登り、筋肉痛に悩まされる日曜日となりました。
スポンサーサイト
▲TOP