FC2ブログ
ときどき書くこと
ときどき書く日々の日記です。(旧 だらしな日記)
プロフィール

haytatu

Author:haytatu
こんにちは haytatu です。
なにかと作ることが好きなようです。
ウインドウズのソフトや、Flashやら、粘土細工やら...
どれをとってもヘボヘボなんですけどね。
HP「うさぎ通信」のほうもよろしく。

リンク

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ケサランパサランの正体
また、ケサランパサラン。
どうも、調べていくとガガイモの綿毛であるというのが有力ですね。
種を運んだ後の綿毛部分です。
当然生き物ではないので、自分で動いたりしません。
でも、僕は目の前で閉じていたのが開いたり、時間をかけてゆっくりと繊毛が動くのをみています。これの説明としては、湿度の変化というのが当てはまりそう。
そこで、また実験しました。
ケサランパサランの中心部分を少し濡らします。
案の定、繊毛は束まって、僕が前見たような、羽根突きの羽のような形になりました。
そこから、丸い形に復活するまでの様子を、例のごとく連続写真で撮りました。
例によって完全密封の状態で、風は一切入りません。
今回は3分おき、で 90分ばかし...

kesapasa.jpg


下のSWFをクリックすると動画がみれます。
kesapasa-2.swf

↓鮮明バージョン 1.5M(重!
kesapasa.gif

どうでしょう!
予想通り、手前のケサラン君はゆっくり元に戻ります。
しかし、しかし、ついでに入れていた 後ろのケサラン君が 予想外の動きをしています。
突然右側に転がり始めているのが分かるでしょうか?
これは、湿度の変化で繊毛が動いているだけには見えない(@_@)
まるで意志をもって動いているような...なんとも不思議なケサラン君たち!
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://haytatu.blog48.fc2.com/tb.php/23-6841b80e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP