ときどき書くこと
ときどき書く日々の日記です。(旧 だらしな日記)
プロフィール

haytatu

Author:haytatu
こんにちは haytatu です。
なにかと作ることが好きなようです。
ウインドウズのソフトや、Flashやら、粘土細工やら...
どれをとってもヘボヘボなんですけどね。
HP「うさぎ通信」のほうもよろしく。

リンク

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

甘南備山 水晶掘り
先日、甘南備山まで、水晶掘りに行きました。
実はお盆に富士山まで旅行に行ったときちょっと足を伸ばして、有名な山梨の鉱山跡まで行ったんですが、そこはすでに採集禁止になっていて、指をくわえて帰ってきたような状態だったので、今回はリベンジです。
甘南備山とは、我が家から車で20分程度のところです。
車を降りてから30分~40分ばかり山を歩いて上ります。

sagasu.jpg

ここが水晶谷と呼ばれるところです。
危ないので崖を崩さないでください。とは書かれてはいるものの採集はしていいようです。

hakken.jpg

一見なんにもなさそうな土を良く見ると...
発見!綺麗な水晶のカケラが落ちています。

でも、やっぱり岩から水晶がニョキニョキ生えているところを探したいもの!
う、この穴怪しい...
dousyou.jpg

どうやら小さな晶洞?です。写真ではまったく分かりませんが、粘土質の土の中に水晶のチクチクを感じます。すでに誰かが途中まで掘ったらしく折れた水晶のカケラが中にいっぱいです。
初心者なので、やり方もよく分からないまま、できるだけ丁寧に周りから掘っていきました。

採集時間は休憩しながら2時間くらいでしょうか、その後山の展望台まで登って、我が城陽市を一望して、帰宅しました。
こんな近くにこんないい場所があったなんて、山といっても道は整備されているし、実際山登りというより、散歩や、ジョギングにいそしむ人がいっぱいでした。

kitanai.jpg

帰宅後早速、持ち帰った泥だらけの水晶を水洗いしました。

brite.jpg

そして、1晩「手間なしブライト」さんで、つけおき洗いです(笑

(つづく)
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

ここも90年代から採取禁止なんですが、、、
【2013/09/18 12:12】 URL | #- [ 編集]

Re: タイトルなし
>???さん
コメントありがとうございます。
記事にあるとおり、2006年当時は、崖を崩してしまうような行為ははっきり禁止されていましたが、採集そのものを禁止してはいませんでした。
当産地が採集禁止になったのは2008年以降と認識しています。
今では崖そのものがコンクリートで塗り固められています。

ただ、こうした採集禁止地域を増やす原因にもなる産地名の表現方法には、今後、配慮していきたいと考えています。貴重なご意見ありがとうございました。
【2013/11/02 09:39】 URL | haytatu #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://haytatu.blog48.fc2.com/tb.php/25-83e18fdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP