ときどき書くこと
ときどき書く日々の日記です。(旧 だらしな日記)
プロフィール

haytatu

Author:haytatu
こんにちは haytatu です。
なにかと作ることが好きなようです。
ウインドウズのソフトや、Flashやら、粘土細工やら...
どれをとってもヘボヘボなんですけどね。
HP「うさぎ通信」のほうもよろしく。

リンク

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

多田銀山 partⅡ
多田銀山に行ってきました。

去年の秋についで2回目です。
前回は益富地学会のイベントに参加して訪れましたが、今回は家族のみでした。
今回は史跡として残されている古い坑道や、代官所跡などの見学もしてきました。
駐車場やトイレも完備されていて、坑道は中に入って見学できるように整備されています。

203_0347.jpg


すべて、無料というのもうれしいですね。
我が家の場合はそこでは終わらず、やっぱり山の中まで進んでしまいます。
秋にも訪れたジャリ池と呼ばれる採集地。
行ってみてびっくり!
大きな穴が掘ってあります。
大人が4~5人は隠れられそうな大きな穴が2つも!
たまたま出会ったハイカーの方は「朝にはこんな穴無かった」と言っているし。
僕たちが到着したのは夕方近かったので時間は十分あったのかも知れませんがすごい馬力です。
石好きの方のパワーには圧倒されるばかり。
大きな穴から掘り出された場所には、なにやら良さげな石がチラホラ!
時間が遅かったので採集時間はほんの30分程度ですが、前回よりいい標本がとれたと思います。パワフル石好きさんたちに感謝感謝!

Rimg0509.jpg

青鉛鉱
表面に薄く張り付いているのはたくさんあるのですが、
こういう綺麗な結晶が欲しかったのです!

Rimg0294.jpg

閃亜鉛鉱?
水晶とのコラボレーションがいい感じです。

203_0390.jpg

方鉛鉱
この鉱物はたくさんあります。

203_0389.jpg

黄銅鉱
見つけたときに「金や!」と叫んだ人、約1名
「ここは銀山や」といさめた人 約1名

Rimg0599.jpg

斑銅鉱
黄銅鉱と似ていますが、赤銅色が特徴です。
これは少なかったです。
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://haytatu.blog48.fc2.com/tb.php/47-0b3ffb7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

黄銅鉱黄銅鉱(おうどうこう、chalcopyrite、キャルコパイライト)は銅の硫化鉱物の一つ。銅と鉄、硫黄からなり、化学組成:CuFeS2で表される。微量の金、銀、錫、亜鉛などを含み、少量のニッケルやセレンを含むものもある。最も重要な銅の鉱石鉱物。色は普通、真鍮様の黄色 パワーストーンと鉱物【2007/07/30 11:49】
▲TOP