ときどき書くこと
ときどき書く日々の日記です。(旧 だらしな日記)
プロフィール

haytatu

Author:haytatu
こんにちは haytatu です。
なにかと作ることが好きなようです。
ウインドウズのソフトや、Flashやら、粘土細工やら...
どれをとってもヘボヘボなんですけどね。
HP「うさぎ通信」のほうもよろしく。

リンク

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

田上山の中澤晶洞
トパーズを求めて滋賀県の田上山(たなかみやま)に行ってきました。
目的地は中澤晶洞。昭和49年に発見された戦後最大の晶洞です。
鉱物界では超有名なこの場所。
いいものはほとんど採り尽くされていると聞きます。
まぁ大晶洞を見学するだけでも価値があると思い行くことにしました。

車を止めて約2時間の徒歩。
道は険しいと聞いていましたが、その通りで子連れには結構タフなルートでした。

205_0530.jpg


踏み分け道のようなはっきりしない道を行くので迷子の不安も付きまといます。
でも、なんとか近くまでたどり着くと雲母や石英のカケラがたくさん落ちていたので、後はもう匂いを嗅ぎつけた犬状態(笑
目ぼしい石を拾いながら一気に急斜面を登りきり、無事大晶洞にたどり着きました。

205_0533.jpg


大人が5~6人は入れるでしょうか、さらに奥には子供一人入れるくらいの空間があります。
205_0534.jpg


30年前この壁一面に水晶やトパーズの巨大結晶が埋め尽くしていました。
想像するだけでワクワクします♪
発見者の中澤氏が手記に「人生最高の日であった」と言い切っておられるのも大いに納得です。

予想通りというか、当たり前ですが、今、晶洞の中はほぼ完全に掘り尽くされています。
なので、中は早々にあきらめて、近くに転がっている砂利の中からめぼしい鉱物を探す表面採集をしました。
少し小雨がパラツキましたが、そんなときは晶洞の中でちょっと雨宿りです♪
子供が飽きるまで、ランチタイム込みで2時間くらい粘りましたが、きれいな結晶は見つかりませんでした。
帰り道、勇んで先をいく息子について油断していたら、全然知らない場所へ!
こっちでもないあっちでもないとあせる大人をしり目に、子供たちは「まよいの森だ!」とゲーム気分です^_^;
数分でもとの道の戻れたのでよかったです。

トパーズくさい?
hutatu.jpg

niji01.jpg

niji02.jpg

ほかの石英とはすこし劈開面が違う気がするので、勝手にこれがトパーズに違いないと決めています(~_~;)
光を当ててよく見るとあちこちに虹色が見えて綺麗です。
大阪で無料鑑定会があるので見てもらおうかと思います。

煙水晶
205_0571.jpg

水晶も頭のついたような綺麗な結晶は取れませんでした。
透明の水晶とはまた違った渋味が気に入りました。

益富雲母
205_0565.jpg

田上山の特産品です。
雲母はたくさん取れましたが、なかでも一番紫色が綺麗に出ていたのがこの標本です。
益富地学会さんにはお世話になっているのでこれははずせませんでした(^^♪
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://haytatu.blog48.fc2.com/tb.php/49-b96694ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP