FC2ブログ
ときどき書くこと
ときどき書く日々の日記です。(旧 だらしな日記)
プロフィール

haytatu

Author:haytatu
こんにちは haytatu です。
なにかと作ることが好きなようです。
ウインドウズのソフトや、Flashやら、粘土細工やら...
どれをとってもヘボヘボなんですけどね。
HP「うさぎ通信」のほうもよろしく。

リンク

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

携帯電話のGPS事情
先日購入した携帯電話。GPSがついている。
携帯のGPSは地図を表示するのにパケット通信を必要とするので、圏外になる山の中では使えない。
それを解消すべく作ったiアプリが「PetiteGPS」でした。
まずGPSで現在位置を確認。
それをメールに添付する操作で実際はメールは送らず、内容をコピーする。
そしてiアプリを立ち上げて貼り付け、GPS情報だけを抽出する。
これで、iモードなしでもGPS情報が利用できるはずでした。
しかし僕の目論見とは裏腹に、地図表示以前、GPS情報を得る段階でパケット通信が発生してしまうようなのです。山の中では使えないじゃないですか!
それで気を落としていたのですが、よくよく調べてみると、携帯端末によってはGPSにパケット通信を必要としないものも存在するようなのです。

どうも、NTTドコモの携帯電話付属のGPSには2種類あるようです。

1.単独測位方式
2.ネットワークアシスト方式

実際ハード的にはまったく同じエプソンのGPSチップ(S4E19863)が使われているそうです。だから、どのメーカーも本来なら単独測位方式ができるはずなのです。
しかし、メーカーによって実装方法はちがってきてしまったようです。
1.を採用しているのが、富士通と三菱。
2.を採用しているのが、ソニー、NEC、パナソニック、シャープなど。

試したわけではないのですが、Web上で確認できる各機種の取説などを見てみると、1.の方式を採用している端末では、圏外でもGPS情報を収集できるようです。

いずれにせよ、僕の持っている端末ではあまり使えないiアプリだったわけですが、将来的に機種変することもあるし、作ったiアプリはもう少し生きる意味が残りました。

あと、GPSiアプリに関してもうひとつ。
「iアプリでGPS情報が扱えない」ということ。
iアプリの開発にはドコモの提供するAPI(関数の集まりみたいなもの)があって、これを使ってプログラムするのですが、GPSに関する関数を使うためには特殊な手続きが必要で、実際ドコモと提携している会社でしか使用が認められていないのです。
なので、個人でiアプリを開発しようとしている僕たちがGPSを扱おうとしても無理なのです。
なので、「PetiteGPS」では、GPS情報をメールに貼り付けるフリをして、内容をコピーして、iアプリ側に貼り付けるなんてまどろっこしいことをしなくてはならなくなるのです。
iアプリ側でGPS情報を得る方法がもうひとつないわけではないのですが、パケット通信を必要とするのでこれもバツです。
GPS関数を誰でもが使えなくしている理由は、個人情報のセキュリティの観点からです。確かに、メールなどと連動するとややこしい話になりますが、端末内でGPSの位置情報をつかう分には問題ないようにおもうのですが...
なんとか、限定的にでも使えるようにならないものかと思います。

すこし、気合のそげてしまった「PetiteGPS」君。
あと、MicroSDカードへのデータ保存機能を実装するつもりです。
これができれば、データは無限に蓄えることができるし、PCでデータを管理することもできるようになります。でも、なんか空しい...

http://www.geocities.jp/haytatu/soft/soft_iappli.htm
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://haytatu.blog48.fc2.com/tb.php/53-b41e43b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP