ときどき書くこと
ときどき書く日々の日記です。(旧 だらしな日記)
プロフィール

haytatu

Author:haytatu
こんにちは haytatu です。
なにかと作ることが好きなようです。
ウインドウズのソフトや、Flashやら、粘土細工やら...
どれをとってもヘボヘボなんですけどね。
HP「うさぎ通信」のほうもよろしく。

リンク

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

不都合な予言
僕たちの世代は予言を信じない。
その昔。ノストラダムスという人にこっぴどく騙されているからです。
「1999年7の月、空から恐怖の大王が降りてきて人類は滅亡する。」
僕たちが子供のころ、みんな暗唱できたのではないでしょうか。
1999年で世界は終わると本気で信じていたわけではないかもしれません。
でもおかげで、未来を思い描いたとき、2000年以降の事は何故かうまくイメージできませんでした。
結局、何事もなく時は過ぎ、2000年は期待はずれなくらい当たり前の顔で僕らの前に現れました。
無事2007年を迎えた今、また、奇妙なうわさを聞きます。

先日、アメリカ元副大統領アルゴア氏のノーベル平和賞受賞のニュースを耳にしました。
地球温暖化に対する啓蒙活動が評価されたようです。
彼の活動にはとても興味があったので、その日何気なくWikipediaを見ていました。
インターネットの情報は早いもので、ニュースが流れたその日にもう受賞のことが記されています。
ただ、記事の最後の1文が引っかかります。
「このことは、ブラジルの予言者ジュセリーノによって予言されていた。」

また予言です。
僕はうんざりしながらジュセリーノについて調べてみました。
おそらく抽象的な文章を拡大解釈して予言が的中したとしているに違いないと思ったからです。
その部分の予言の原文を挙げます。
「Mr.Gore, you will earn Nobel of peace in 2007」
この書簡が作成されたのが1988年。19年も前です!
内容も具体的で、否定のしようがありません。

しかし、実際1988年に作成されたものかどうかは、僕には確証がもてません。
彼の受賞が濃厚になった時点で書いたものを1988の日付で公表しているだけかもしれません。
そのほか、同時多発テロ。阪神大震災。インドネシアの大津波など、過去の大災害を的中させたと書かれていますが、同様の理由で僕は信じることが出来ません。

そこで、リアルに未来に向けて書かれた彼の別の予言に着目しました。
不思議と日本に関することが多いです。
「2007年10月26日。日本に大きな台風が来る」というのがあったので少し気にして見ていました。
10月25日時点で台風の情報はなかったので、完全に外れたものと思っていたのですが....
ご存知のとおり10月26日台風20号は南大東島付近に突然姿を現しました。
この時期台風が現れるのは10年に1度程度の珍しい事だそうです。
もし、予言がいんちきで、当てずっぽうの日付を指定するなら、もうすこし台風シーズンのまん中を指定してもよいはずです。

日本に起こる事象の予言で次にくるのが....
「大阪から京都で、M6.6以下の少し強い地震が発生する。発生日は10月31日~11月1日頃と思われる。」

仮に予言が的中しても大きくないので安心ですが、油断は禁物。
信じる信じないにかかわらず、備えあれば憂いなし。
地震の心構えはしておこうと思います。

p.s. その後、Wikipediaのゴア氏の記事からジュセリーノの名前は消されたようです。
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://haytatu.blog48.fc2.com/tb.php/68-c90871d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP